DESTORY - デストロイ - エキサイト
Exciteホーム Destroy.excite トップ サイトマップ


トップ   


シド・ヴィシャス追悼
SID VICIOUS / シド・ヴィシャス < BASS >

Hello, my Japanese friends, I hope you're doing fine.
You know, today's February 2.
Every year when this day comes, I have this feeling that I cannot express
in words.
Last year, I had a photo exhibition of Sid here in London
commemorating his 25th anniversary after death.

If you see my photos, you'd know how cool Sid was...
I never asked him to pose in front of my camera, but he was always a
perfect subject.
During that one year I spent with the Pistols, so much happened.
I remember we talked about so many things.
He was really a gentle guy, but he was the kind of guy
who could speak out with his own words when it comes to the point.
If he were alive he would be laughing to hear what I've said.
So on this day, I make a toast with beer to his portrait.
[PR]
# by dennismorris | 2005-02-02 12:48


SID
2月2日だね。
日本の皆さん。元気かな?
この日が来ると、なんとも言えない気持ちになるんだ。
去年は、25回忌って事で、ここロンドンで写真展を開いたんだ。

私の写真を見てくれたらわかると思うけど、かっこ良かったよ。シドは。。。
1度もポーズをお願いした事はなかったけど、彼は本当にかっこ良かったよ。
だから、シャッターを無我夢中で押していたあの頃を懐かしく思うよ。
シドと過ごした1年の間、色々な事があったよ。色々な事も話したなぁ。
普段は気の弱い紳士な男だったけど、ここぞという時はきちんと自分の言葉で話していたよ。
今も生きていたら「ha ha ha」と言って笑いとばしているんだよね。
今日は、シドの写真に向かってビールで乾杯するよ・・・。
乾杯!シド。

Hello, my Japanese friends, I hope you're doing fine.
You know, today's February 2.
Every year when this day comes, I have this feeling that I cannot
express in words.
Last year, I had a photo exhibition of Sid here in London
commemorating his 25th anniversary after death.

If you see my photos, you'd know how cool Sid was...
I never asked him to pose in front of my camera, but he was always a
perfect subject.
During that one year I spent with the Pistols, so much happened.
I remember we talked about so many things.
He was really a gentle guy, but he was the kind of guy
who could speak out with his own words when it comes to the point.
If he were alive he would be laughing to hear what I've said.
So on this day, I make a toast with beer to his portrait.
[PR]
# by dennismorris | 2005-02-01 23:56


ファイナルを迎えて
有り難う!みんな。
無事、今日、写真展が終了したよ。

私が見てきたセックスピストルズを感じてくれただろうか?
77年がまさしくその“時”だった。
すごいローラーコースターに乗ったみたいな、
熱狂的で、混沌とした、短く、また、長い一年だった。

覚えていてほしい。
彼らの言動が歴史として残っているのは、
このバンドがハチャメチャで暴力的だったからではない。
彼らが個人の人間として、英国社会が正しいとして築いた事柄
そのものに挑戦する度胸があったからなのだ。

同じ矛盾を持っていた若者は意気投合し、体制を崩したかった、
そして、破壊した後、再建したいと思ったのだ。自分達の生きる場所を。
皆、生かされる前に生きようと必死になっていた時代だったんだよ。

そして、最後にもう一度、みんな、覚えていて欲しい!

パンクはファッションの一つの名称ではない。
パンクは一つの考え方であり、ものごとの見方である。
惰性に生きるのでなく、漠然と存在するのでなく、
本当に自分らしく生きることである。
僕は重要な人間であり、君も重要な人間だ。夢を生きよ!

漠然と眺めるだけでなく、しっかりと今を見るのだ!
惰性に生きるのでなく、本当に生きるのだ!
自分に責任を持ち、一生懸命生きるのだ!
平静を保ち、不安を抱え込まず、勇気を持て!

そして、何事も容認するな! 
                      
デニス・モリス
2005年1月10日

ロンドンより愛を込めて。
[PR]
# by dennismorris | 2005-01-11 10:01


ラストコメント
ロンドンから愛を込めて。
新年あけましておめでとう。
写真展に来てくれたみんなどうも有り難う。
私にとって日本の滞在はすごく楽しかった。
沢山の取材も受けたし、ラジオにも出演したんだ。
大貫憲章さんのラジオは楽しかったよ。エキサイトしたね(笑)
ここにも、ず~とパンクを愛している人がいてくれるってうれしかったよ。
写真展もあとわずかとなったね。みんなが楽しんでくれる事を祈ってるよ。
[PR]
# by dennismorris | 2005-01-08 14:49


写真展の展示ポスターについて
展示品紹介の第2弾、ポスターについてデニスが語ってくれました。

****
写真展に飾られているのは、
全部私の所有しているもので1977年当時のものなんだよ。
これを見るとあの頃を思い出すよ。

特に懐かしいのは、黄色のでっかい『勝手にしやがれ』のプロモーション・ポスターかな。
これには、3色あって、ピンクと緑がある。でも、やはり黄色がベストだと思うんだ。
この後、復刻版が発売されたけど、その黄色の色は少し違ってて黄土色に近い。
当時の印刷の違いなのか、ジェイミー・リードの色はこの黄色なんだ。
ピストルズのポスターと言えばジェイミーの作品がほとんどだ。
ジェイミーのアートはポスターだけでなく、当時の彼らのファッションにも使われている。
ヴィヴィアンが彼のアートを使ってT-シャツとか作っていたんだ。
これらの展示品を見てもらって、少しでも、当時の状況を感じてくれたらうれしいな。

(デニスとのインタビューより)
[PR]
# by dennismorris | 2004-12-28 17:27


X'masプレゼント
皆さん、メリークリスマス!
今日はクリスマス。皆さんへのささやかなプレゼントということでトークショーでも好評だったシドの写真のエピソードについて少し話すよ。

1) シドの体

  入り口から入っていくとメンバーの素顔が飾られている。
  シドの体を良く見て欲しい。初期の頃は、体も傷は無くきれいな肌をしていた。
  それが、次に進むにつれて傷だらけの体になっているんだ。

2) シドの胸のバッチ
  
  実はラモーンズのものなんだ・

3) スティーブが先生

  スティーブがベースのフレーズをシドに教えていた。彼は熱心に練習してたよ。
  サウンド・チェックが一番バンドとしていい音を出していたんだ。

4) お気に入りの顔

  ハムスターの顔(笑)。それを、真似しているポールの写真に思わず大笑いのシドの写真があるんだけどどこにあるかわかるかな?

5) チェルシーホテル?
  
  一般的によく知られているシドのベッドでのタバコのシーン
  原宿の町を歩いてて違法T-シャツを見つけてびっくりした。
  その写真を使われているんだが、そこにはチェルシーホテルと書かれてたよ(笑)
  それは、大きな間違い。実際来てみて確かめてくれれば解るけどね。
  あれは、バンドのみんながシドにドラックを止めさそうとしてタバコを与えていたんだ。
  シドも,みんなの気持ちが痛い程解っていた。だが、その反動で止めれない自分もいた。
  それが、積もってその写真の隣の写真という事になるんだ。

ぜひこのコメントを思い出しながら写真を見て欲しいね。ではまた。

(デニスとのインタビューより)
[PR]
# by dennismorris | 2004-12-25 15:42


写真展オープニング
日本のみなさん、こんにちは!
みんなのおかげで写真展が無事にオープンしたよ!

12/17夜、すべてが整い、オープニング・パーティが開催されたんだ。
挨拶の時、僕の日本デビューまでの約半年間の道のりを思い出した。
みんなの強い励ましと素晴らしいチームワークに支えられ、
マジックが起きたんだと強く思った。

18日のトークショーには、大勢集まってきてくれて、
みんなのエネルギーにインスパイアされ、つい長く熱く語ってしまったよ(あはは)。

そしてまた、今日(19日)のサイン会には200名くらい来てくれてありがとう。
1人1人に心を込めてメッセージを書いたんだ。

この写真展を通して、パンクとは純粋でポジティブなエネルギーということを感じ取って欲しい。
そして会場を去る時には、新しい世界を自分の目でしっかりと見てもらいたいと思う。
パンクであるということは、自分らしく生き、未来を打ち立てることだ。
そして生かされている人生ではなく、強く生きることだ。
日本に来て、僕もみんなからたくさんの勇気をもらったと思う。
これからも未来に向かってパンクの夢を生き、前進していこう!

最後に、来場してくれたみんな、本当にありがとう!
そしてまだ来てない人も是非ラフォーレ・ミュージーアム原宿に足を運んで欲しい。

HI, MY JAPANESE FRIENDS,
The exhibition's started and I'd really like to thank everyone!

At the opening party on the 17th, I recalled the past 6 months until my Japan debut.
Supported by everyone's encouragement and great teamwork, I strongly thought magic has happened.

Then, a lot of people gathered for my talk show on the 18th.
I looked around the room, and inspired by the energy in each person, I just talked away!

And today (19th), I was overjoyed to see about 200 people queing for my signing session.
I thought of each person preciously and wrote my message.

Through this exhibition I hope you feel the pure & positive energy of punk,
and when you leave the gallery, look at a new world with your own eyes.
Being is punk is being yourself and building your future.
It is not just to be alive, but TO LIVE.
I gained a lot of courage in Japan from you all.
Let's all go forth living the punk dream!!!

Thank you all for coming!
[PR]
# by dennismorris | 2004-12-19 19:56


カウントダウン 第四弾
b0033693_1354711.jpgカウントダウン第四弾コメントは動画コメントです!

[映像をみる(Windows Media 500k)]
[映像をみる(Windows Media 56k)]
[映像をみる(Quick Time 500k)]
[映像をみる(Quick Time 56k)]
[PR]
# by dennismorris | 2004-12-12 22:03


カウントダウン 第3弾
さあ、プリントも無事仕上がり、今日は最終段階の調整のことを少し話そう。
何枚か、仕上がりが気に入らなかったのでやり直したよ。
全部で70枚以上の作品を日本で展示する事になったよ。
その何枚かをカバーをかけているけど見せようかな。。。
b0033693_21404770.jpg
そうだ、みんなからの問い合わせの多いカラーも1枚だけ..見せるとしよう。
b0033693_21435647.jpg
彼は、私が使っているタペストリーというラボの腕利きの担当デビットだ。
彼は、私の好みを知っているから細かい所までに気をきかせてくれているんだよ。
b0033693_21465267.jpg
さて、仕上がったので1枚1枚にサインを入れるよ。
b0033693_2149459.jpg
今回の日本でのオリジナルプリントの販売もあるので、スペシャルエディション/Japanと言う事で各25枚しか出さない事に決めたよ。今回は、その記念すべき1/25。そう1枚目を展示するんだ。楽しみにしてて欲しい。
さて、梱包も終わり今から日本に送るから。。いよいよだね。


Hi everyone!
Now that all my prints are finished and ready to go,
let me tell you about the last-minute adjustments.
I redid a few because they didn't seem right.
It was decided that more than 70 photos would be shown in Japan.
Let's see, shall I show you a few?
Okay, I'll show you one of my color prints since some of you asked me
questions about them.
Let me introduce you, David. He's in charge of printing
my photos at the lab called Tapestry. He's really good at it.
He knows what I like and pinpoints even the tiniest details.
Well, I'm going to sign my name on each of them.
My original prints will be for sale at the exhibition,
so I decided that there should only be 25 of each numbered
with SPECIAL EDITION #/JAPAN (25).
This is the first one marked 1/25---the very first one
will be shown at the exhibition in Tokyo.
It's something to look forward to.
The prints are specially packaged and the crates are ready to be
shipped to Japan!
We're on the final run now...
[PR]
# by dennismorris | 2004-12-02 10:22


カウントダウン 第2弾
元気だったかい?
写真展まで一ヶ月切ったね。プリントが全部上がって、これから東京向けに梱包/発送するところだ。

さて今日はまず、カラー写真について質問がいくつかあったね。
そうなんだ、ピストルズのカラー写真も撮っていたんだ。
今まであまり公開していなかったから、希少価値があると思うよ。
今回初めて公開するものもあるから、楽しみにしていて欲しい。

それからもう知っていると思うけど、初日の12/18(土)19:30~
会場でトークショーをやることになっている。
ピストルズと一緒に過ごした貴重な時間を、是非みんなとシェアしたい。
いろいろ質問してくれたら嬉しいよ-僕の体験したきたことを本当にみんなに伝えたいんだ。残念ながら当日来れない人は、このサイトでぜひ質問して欲しいな。出来る限り答えたいと思っている。

今夜は僕の大好きなジャマイカン・レストランに友達を連れて行く予定だ。
ロンドンに来る機会があったら、是非ジャマイカ料理を試して欲しいよ。では!



Hi, how are you doing?
Now it's less than a month till the exhibition.
The prints are all ready and now we'll prepare for crating and shipping to Tokyo.

Now, some of you asked questions about color photos.
Yes, it's true. I also took color photos of the Pistols.
Most of them weren't in the past exhibitions, so they might be considered rare.
I'm bringing some that's never been shown, so I hope you enjoy them!

You'd probably know by now, but I'm having a talk show
on 18 Dec. from 7:30pm at the exhibition venue.
I'd like to share with you the precious moments I spent with the Pistols.
I'd love any question---I really want to tell you my experiences.
Those who can't come, please ask questions at this website.
I'd like to answer your questions as much as I can.

Tonight, I'm going to take a friend to my favourite Jamaican food restaurant.
When you have a chance to visit London, I hope you'll try Jamaican food.
Well then, take care!
[PR]
# by dennismorris | 2004-11-26 23:20


当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright © 1997-2004 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
DESTROY ×EXCITE
免責事項 ヘルプ エキサイトをスタートページに BB.excite Woman.excite エキサイトホーム